1万人ヨガチャレンジ 2019 6.5

こんにちわ。渡邉翔太です。

拙い文章ですが最後まで読んでくれたら嬉しいです。

人生でもっと多くの人に出会いたい。ヨガをもっと広めたい。

そんなことをずっと考えていたら

ツイッターで路上で書道を無料で書いて一万人チャレンジしている方がいて

心の底からかっこいいとおもった。俺もしたいと思った。

簡単に言うとパクリだ。笑

でも実際にやろうとしたら現実問題相当の覚悟と勇気が必要だ。

自分は超絶感覚人間だと思っていて、いつも後先考えずにやってしまうが

今回はそう簡単にできない。

一万人にヨガを無料で教えるのは

1日に1人だったとしたら

1年間が365日なので、最低1人教えても10年間で3600人

なら、1日3人教えたら1年間で1095人

10年間で1万人。

やるなら絶対に弱音吐きたくないし中途半端は嫌だから

絶対達成する。

何年かかるかわからないけどやりたいと思った事はやりたい。

後悔したくない。

人間明日生きる保障はないのだから生きてるうちに

やりたいと思った事は全部したい。自分の気持ちを殺したくない。

無料でやって途中きつくなって、

なんのためにやっているのか?

どうなりたいのか?何がしたいのか?

自分を見失うのも絶対嫌だ。

なぜ一万人なのか?無料なのか?

まだまだ上手く言語化できないけど

やっていきながら自分の答えを明確にしていきたい。

1万人終わった時の自分が楽しみだ。

今の気持ちをまとめてみた。

なんでヨガを広めたいのか?


ヨガに出会ったきっかけは18歳の時、

サッカーで肩を怪我して長期感サッカーできなくなってしまって

パフォーマンスアップのために出逢った。

両肩23回も脱臼しました。笑

器具つけてサイボーグみたいになってた笑

大好きなサッカーができなくなって、当たり前にサッカーできる事に

もっと感謝しないといけない。

当たり前の有難さにいつも感謝しろとか言うけど難しいと思います。

家族、友達、彼女、ペット、体、家、お金、仕事、

災害や死を沢山経験して失って初めて人間は本当の意味で

当たり前のありがたさに気付く生き物だと思います。

失う前に本当の有難さってどうやったら気付けるのかな。

俺も体を大切にしないといけないとか思っていたけど、

何度も何度も怪我ばかりでサッカー出来なくなって

毎日毎日頑張っている自分の体に

本当の意味で体には全然感謝した事なかったと思う。

俺が大好きなサッカーやヨガや人に会うための旅ができてるのも

自分の体がないとできないと思います。

体があるからやりたいことができる。

だからもっと自分の体に感謝して大切にしていきたい。

そこでヨガを通して

体に感謝するTHANKS Yogaを作りました。

うまれてから毎日頑張っている自分の体に感謝して一つ一つの体の部位、細胞に意識を向けて「いつもありがとう」と認めてあげることで全ての細胞が活性化し、自然治癒力を高めるヨガ。

自分の体と会話をする。自分と向き合う。

今の世の中に絶対必要だと思う。

日本中世界中にこの流派を伝えていきたい。

体に感謝できる人は人にも感謝できるようになる。

そしたら思いやりが生まれて思いやりが生まれたら助け合いが生まれて

助け合いが生まれたらもっと笑顔がたくさん増えると思う。

なぜ一万人なのか?


単純な理由だけど、ただ大好きなヨガを多くの人に伝えたい。

イメージは、美味しい料理をみんなに教えたくなる感覚だ。笑

人が好き。多くの人と出会いたい。

好きな言葉で「出会いは人生を加速させる」って言葉は

本当のことだと思う。

知らないから知っていける
わからないから世界が広がる
小さいから大きくなれる。
未熟だから大きくなれる。

いろんな人と出会って話すことで価値観も広がる。

人は誰に出会いどんな経験をしたかで成長していく。

沢山の人に出会いたいから、1万人にしました。

なぜ無料でやるのか?


資格取り始めの時は、自信もなかったし、自分の経験のために

最初は無料で色んな所でヨガを教えていた。

そこから自分もひたすらヨガの先生たちに学ぶ為に会いに行って

実際にレッスンも受けてもらって

ワークショプや本もたくさん買って勉強して行動して

少し自分に自信はついてきた。

周りの人からは

「成長のためにもお金とったほうがいいよ」

「お金はその人の価値」「お金で更に自分も相手も責任が生まれる」

「なんのために資格とったの?ヨガで仕事したいからでしょ?」

いろいろアドバイス貰いました。

出張ヨガやヨガスタジオで働く機会をもらい、

イベントしたり、デイサービスでおじいちゃん、おばあちゃんに教えたり

サッカー部でヨガ教えることになったり、

大好きなヨガで色んな人と繋がれてとても楽しくなった。

自分のヨガを受けるために

わざわざ遠くから来てくれる方、俺のヨガするために毎日仕事

頑張っていると言っててくれる方も増えてきてくれて

本当に幸せだなと思った。

サッカーもヨガも修行だと最近は思う。

修行とは、ひたすら弱い自分と向き合うこと

いつも向き合わず楽な方に逃げて逃げて今の自分がいる。

そういう自分にヨガが出会ってくれた。

それも偶然じゃなくて必然だと思ってる。

人間には一人一人必ず役割があると思っていて

自分の役割は最近は

ヨガを世界中に広めていくことかなと思っている。

今も定期的にイベントしたりして

ヨガを広める活動をしているが

もっと多くの人にヨガを生活の一部にしてほしい。

きっかけになりたい。

だから自分は1万人ヨガチャレンジは修行だと思ってる。

一万人終わったら初めて一人前かな。

修行期間は蛹。綺麗な蝶になるための準備。

人生全部共通しているんじゃないかな。

やっぱ才能の部分もあるけど成功する人は過程がしっかりしているし、

常に目標から逆算してるし、人にベクトル向けない。

誰よりも自分と向き合っていると思う。だから成功するんだと思う。

レッスン受けてくれる人は

自分の修行に手伝ってくれる先生的な感覚。

経験させてくれて、成長させてもらっている。

ヨガをたくさんの人に知って欲しい。

みんなで達成したい。
みんなが自分の学びの先生。

だからたくさんアドバイスください。

お金の交換じゃなくて思いの交換。

お金も大切だけど俺はヨガをみんなにただ知って欲しいだけ。

やったことない人、興味があるけどやらない人

みんなに知って欲しい。

だから、お金の壁を消してさらに出会いの幅を広げたい。

お金を持っている幸せより

みんなとヨガしている時の方が幸せと思っている。

「ありがとう」「体に感謝しよう」「ヨガのイメージ変わった」って

聞けるだけで本当に心から嬉しいし、報われる気がする。

1万人するには自分だけの力では出来ません。

みんなの支えがあって成長していきます。

大切なのは、絶対焦らないこと。

焦っていたら本当の大切なものを得れない気がする。

数字ばかりに気にしていたら

一人一人と向き合えなくなる。

だからゆっくり自分のペースで一人一人と向き合っていきたいと思う。

みんなで一緒にヨガしましょう。